LIG_honyondekandou

意識高い系「結果出てない型」に効くクスリ

Pocket

意識高い系「結果出てない型」の症状とは

意識高い系結果出てない
1.やたらと社長さんの話を聞きに行く
2.セミナーに出まくる
3.自己啓発の本をたくさん読む
「結果出てない型」は別名勉強だけで終わる型とも言い、
結果に結びつくことがほとんどない。
少し具体的な症状をみていこう。

症状その1
やたらと社長さんの話を聞きに行く

まず、症状の一つとして社長さんなど一般的に成功していると言われている方に会いたがる傾向がある。
もちろん目上の方に教えてもらうのはよいことだ。
しかも、会社を経営している人との話となれば他では聞けないような話を聞くことが出来るかもしれない。
しかしそれだけで満足してしまうのが「結果出てない型」だ。
「結果出てない型」は実際に話を聞いた後、
「今日は良い話が聞けた」
と満足し、そこで終わってしまう。
しかしそこで終わって良いのだろうか?
せっかく社長さんが忙しい時間を割いて話をしてくれたのだ。
聞いた話を活かして結果を出すことが大事なのではないだろうか。
結局「結果出てない型」はこのように話を聞くだけで満足してしまうのである。

症状その2
セミナーに出まくる

二つ目は自分を変えようとセミナーや勉強会にたくさん出る症状である。確かにセミナーや勉強会に出るとやる気がとても出てくるし気づきも多い。自分が少し目の前の凄い人に近づいた気さえする。
しかし、それはあくまでも「気がする」だけだ。
問題はそのセミナーの後だ。多くの「結果出てない型」はセミナーを
受けたからと言って何も行動しない人もいれば、
セミナー中に一所懸命取ったメモを再び見ることなく処分する人もいる。
自分を変えようとセミナーに出たのに次の日からいつもと同じ日常を
繰り返すのであればそのセミナーに行く意味があったのだろうか?
むしろ早めに寝て体を休めていたほうが生産的だったかもしれない。

症状その3
自己啓発の本をたくさん読む

三つ目の症状は自己啓発の本をたくさん読みだすことだ。
今まで本を読んだことがないような人が、急に「○○の習慣」や、
「○○の教え」などの本を読みだすのである。
そしてそういった本を読み終わった後自分が成長したと錯覚するのだ。
しかし待ってほしい。普通人は少し本を読んだ程度で完全に理解することができるのだろうか?
答えはNOだ。結局はその本の内容を実際の行動に活かすことが出来なければ本の内容を完全に理解したとは言えないのである。
それこそ「意識が高くなった」だけで終わってしまうのである。

処方箋-「結果出てない型」が発症した方へ

では「結果出てない型」の症状が出ていた場合どう治療すれば良いのか。それは「行動」というビタミンを与えれば良いのである。
この型で問題なのは知識を得ることで完結していることである。
本当に大事なのは知識を蓄えたその後なのだ。
当たり前だが学んだことを行動に移さない限り、結果は出ない。
行動していない人が結果が出ないのは当たり前なのだ。
昔から百聞は一見に如かずというではないか。
「知識」というビタミンも大事だが、
もう少し「行動」というビタミンも好き嫌いせず取り入れて欲しい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>