PAK86_daretorenrakushitenda20140321500

意識高い系「他人否定型」に効くクスリ

Pocket

意識高い系「他人否定型」の症状とは

意識高い系「他人否定型」
1.他人の悪いところをすぐに見つけ、反面教師にする
2.誰かを否定して自分を高く見せようとする
3.すぐに説教したがる
主にこの三つがこの「他人否定型」の症状である。この型の症状だけ見るとただの嫌な奴だが本人は自覚がない場合が多い。しかし周りの人に迷惑をかける症状が多いことは確かである。では症状を順番に見ていこう。

症状その1
他人の悪いところをすぐに見つけ、反面教師にする

反面教師自体は悪いことではない。こういうことを書くと誤解を招くかもしれないが、反面教師をして成長する人がいるのも確かだ。昔から「人の振り見て我が振り直せ」ということわざもあるぐらいなのである。そういった面では反面教師をすることは自分のプラスになるのだ。
しかし、その反面教師も気を付けなければならない。なぜなら反面教師とは誰かを否定することに繋がりやすいからだ。そういう面では反面教師にしていることをアピールしているとあなたの評価も下がる。しかし意識高い系の多くは反面教師をしている自分がカッコよいかのようにアピールするのである。誰かの欠点を自分に重ねるのは良いが、それはわざわざ言わなくても良いことであるし、誰かを否定しても自分の評価は当然ながら上がらない。むしろ下がっていくだけなのである。

症状その2
誰かを否定して自分を高く見せようとする

誰かを否定することはそもそも褒められた行為ではない。否定された側は気分が良くないし、それを見ている人も楽しくはない。悪口も同様である。
その中でもタチが悪いのが、他人を否定して自分を良く見せようとする人たちである。人を否定しつつ、自分は違うからと周りからの評価UPを狙うのである。しかし、誰かを否定している時点で評価は下がっていることに気づいていないのが残念なところである。当然だが自分の評価を上げようとしている魂胆が周りの人に気づかれていることを彼らは知らない。

症状その3
すぐに説教したがる

相手のためを思って説教をすることは悪くない。また説教を受けることによって目を覚まされる人がいるのも確かである。そういうことを狙っているかどうかは知らないが、意識高い系の中には後輩や友達に説教する人が多い。また、内容は決まってビジネスや仕事の話であることが多いのも特徴である。
ただ、よく聞いていると説教をしている意識高い系は仕事やビジネスを経験しているようには見えない人が多い。そして、説教というよりは自分の意見を押し付けているようにも見える。誰かに説教をすること自体は悪くないがそれを誰の為にしているのかは意識すべきである。なぜなら意識高い系の説教は他人の否定や意見の押し付けになりやすいからである。

処方箋-「型」を発症した方へ

この症状の原因は自分が他人から良く見られたいという願望からきていることがほとんどだ。しかし、結果として他人からは良く見られるどころか評価が下がってしまっているのが現状である。もちろん、誰かを否定している人を良く評価する人はいないので当然であるが。
では、この症状が発症したらどうすれば良いか。当然だがまずは人を否定しない、見下さない。そういった当たり前のことに気づく謙虚さが大事である。また、人を否定して得るものは評価ではなく悪評だということに気づくことも良いクスリになるのではないだろうか。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>